• インスタロゴ
  • フェイスブックロゴ
  • ユーチューブロゴ

RIOSについて

「第一電建」から「RIOS」へ

福岡の地で産声を上げた第一電建株式会社は、2021年6月をもちまして50周年を迎えることとなりました。

これもひとえにご愛顧いただいたお客様はもちろんのこと、我々を支えてくださった協力業者の皆様、事業をさせていただく地域の皆様、社員や社員をサポートしてくださるご家族の皆様。多くの方々のお力添えがあったからにほかなりません。心より御礼申し上げます。

創業時は住宅、ビル、店舗、公園、道路の施工を中心とした「電気の修理屋」として従業員も5名足らずでスタート致しました。日々多様化する電気工事へのニーズやインフラに対応しながら、半世紀という時間をかけて総合電気工事会社へと成長を続けて参りました。

そして私たちは、51期を迎えた2021年に、慣れ親しんだ「第一電建株式会社」の名前から、「株式会社リオス(RIOS)」へと社名を一新し、更なる進化を遂げようとしております。

今までの私たちの事業である電気工事のみならず、様々な住環境に特化した事業体となり、よりさらに人々の暮らしに貢献できる会社へと歩みを進めて参ります。

今後も技術力向上を続け、継続的に成長する喜びを仲間同士で分かち合いながら、この街に暮らす人々の「当たり前の毎日」を守れる存在でありたい。

そして街と人を輝かせる架け橋となるよう、人間力あふれる魅力的な企業となり存在価値を高めていけるよう、日々精進し邁進してまいります。

今後もたくさんの方々のご支援、ご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

RIOS社名の由来

RIOSは、「Rise On Shine」の頭文字から採ったものです。

日本語では「日が昇る」という意味になりますが、私たちは「輝きが増す」という特別な意味も込めて、50周年の節目に社名を変更いたしました。

弊社は「まち ひと かがやく」というコーポレートメッセージを掲げております。

電気で部屋を明るくする、外灯で街を照らすという物質的な意味合いもありますが、同時に人々の心も明るく輝かせたいという想いが、この新社名には込められております。

このリオスという社名を中心に、私たちは電気工事のみならずさまざまな住環境に特化した事業体、そして50年から更に100年企業を目指して参ります。

「この会社で働いて良かった」
「この会社に依頼して良かった」
そして「リオスという会社がこの街に存在して良かった」
そう思っていただける企業であり続けるよう歩み続けて参ります。

街を支えられるような
会社でありたい

弊社は経営理念のなかで、電気工事を通じてお客さまの喜びと安心に貢献すると同時に、全社員の幸福を追求する。

そして、地域社会の繁栄に寄与することを目的としています。

この経営理念から私たちが掲げる企業メッセージは「まち、ひと、かがやく」。

電気を通じて目指す事は、街灯で道を照らし、街を明るくするといった物質的な意味合いだけでなく、同時に人々の心も明るくしたいという思いを込めています。

電気工事によって私たちが事業を営んでいるこの街全体に灯りを灯すと同時にそこに暮らす人々の生活を輝かせる、「この街に暮らしてよかった」と、街を支えられるような会社でありたいと願っております。